Pick up Booth ~体験ルポ1~ 【トロワボウテ】

エステティックサロンでプロが認めるハイクオリティ商品が
姫コラソンで体験できるとあって大人気!使ったその場で効果を実感!

トロワボウテ写真7 「サヨナラ・脂肪さん」「ぐぃ〜んとリフトアップ」「ぴぃーんと首きれい」
そんな魅力的な言葉が並ぶ【トロワボウテ】のブース。
トロワボウテ写真1 ここは、「今日来たお客様に、今日結果を感じてもらう」をコンセプトに、効果の高い美容アイテムを全国のエステティックサロンに提供している会社です。
トロワボウテ写真2 とくに、オリジナルの『BCBPシリーズ』は、有効成分を贅沢に配合した高濃度商品。
首・頭皮・顔へのアプローチで、たるみやシワを改善し、アンチエイジングを実現する、女性にとってはこの上なく嬉しいアイテムです。
姫コラソンのブースでは、これらのアイテムが実際に体験できるとあって、多くの女性がひっきりなしに訪れ、鏡に映った顔の変化に目を輝かせていました。
トロワボウテ写真6 今回、私が体験したのはBCBPシリーズの「頭皮専用美容液」です。
顔のたるみが気になる右の頭皮に塗布してもらいました。
トロワボウテ写真3 塗るだけでもリフトアップ効果が実感できるそうですが、頭皮、それに耳の後ろや首も軽くマッサージすると、リンパの流れがよくなってさらに効果的なのだとか。
トロワボウテ写真4 この時点で鏡を見ると、すでに顔の右側だけたるみがマシになった気が・・・・・・。

スタッフの説明によると「塗って20秒後からリフトアップが始まり、20分でピークに達する」と言います。
確かに、時間がたつにつれ、左に比べて右は明らかにホウレイ線が薄くなってきました!スーッと清涼感があり、気持ちまでリフレッシュします。
トロワボウテ写真5 「使用後は8時間かけてゆっくり元に戻りますが、繰り返し使うことでフェイスラインが引き締まってきて、白髪予防や髪にハリが出てくるなど、見た目のトータル的なアンチエイジング効果が期待できます」(スタッフ)。
写真撮影やコンパの前に愛用している人も多いとか。まさに、女性の救世主ですね!
トロワボウテ写真8 余談ですが、トロワボウテ(株式会社スエヒロ産業)の代表である安形憲二氏は、「遊彩書画家」として多くの作品を生み出し、数々の受賞歴を持っておられます。
ブースに掲げられた「トロワボウテ」の文字も安形社長の筆によるもの。
トロワボウテ写真9 そして、ブースでは希望者に社長自ら文字や絵を描いてくれるというサービスも!
こちらも、トロワボウテの商品に負けず劣らず大好評を博していました。

取材/記事 成田 知子



<問い合わせ先>
株式会社スエヒロ産業 トロワボウテ本部
愛知県新城市滝ノ上7-5
TEL.0536-23-8808 FAX.0536-23-0788

Pick up Booth ~体験ルポ2~ 【薬膳ハート】

ふだんのお料理にほんの少し使うだけで健康バランスをととのえる薬膳調味料。
中医師の関先生による無料健康相談も好評!

薬膳ハート写真1 【薬膳ハート】のブースにズラリと並んでいるのは、「金宝壽(きんぽうじゅ)」と「養壽(ようじゅ)」。

これらは、毎日のお料理に調味料として使うだけで、家庭料理がたちまち薬膳料理になるという優れものです。

「金宝壽」は白だし感覚で、「養壽」はお醤油代わりに使えばOKだから、難しく考える必要もなし!
薬膳ハート写真3 「薬膳料理って体によさそうだけど、知識がないとできないのでは?」

「素材を揃えるのも大変そう」と思っていた方には、ぜひお試しいただきたい一品です。

今回、ブースには、薬膳ハート研究室に在籍する中医師の関(カン) 于(ウ)先生が常駐。 お話を聞いてきました。

薬膳ハート写真4 「金宝壽には12種類、養壽には11種類の和漢が配合されています。温性のものが多いので、体が冷えやすいという人には特にオススメ。それに、体の中の毒を出したり、免疫力を高める効果も期待できます。
薬を飲むのではなく、毎日の食事で病気の予防や改善に役立つなんて、素晴らしいですよね」(関先生)。

日本人の体や口にも合うよう考えられているそうで、試飲させてもらうとクセがなくて、そのままスープとしても飲める美味しさでした。
薬膳ハート写真5
薬膳ハートの母体は、日本で最初に白だしを開発した七福醸造株式会社。
有機栽培の小麦・大豆のみを使用し、手間ひまかけてつくられた白しょうゆをベースに、北海道産の昆布、大分産のどんこ、本枯れ節、天日塩、三河本みりんなど、選りすぐりの素材を使った白だしは、料理人の方々にも愛用者が多いと言います。
薬膳ハート写真7 その自慢の白だしに、体の健康バランスをととのえる和漢を配合した「金宝壽」と「養壽」は、「世界第2位の長寿国でありながら、3人に1人はガンという現代の日本人にぜひ摂ってほしい。


中国人は漢方に体が慣れてしまっているけど、日本人はまだ敏感なので、ほんの少しの量でも効果が現れやすいはずです」と関先生。
薬膳ハート写真6 姫コラソンでは関先生の無料健康相談も実施。

私も問診票を書いたところ、首や肩のコリをやわらげるツボ、睡眠の工夫や食生活の注意点まで、とても親身にアドバイスしてくださいました。
薬膳ハート写真8 早速、そのアドバイスを取り入れながら、お料理に「金宝壽」と「養壽」を活用したいと思います。

取材/記事 成田 知子



<問い合わせ先>
株式会社薬膳ハート
愛知県安城市東端町南用地57
お客様相談室(フリーダイヤル)0120-298-890
ホームページ http://yakuzen-heart.co.jp

Facebookへのリンク YouTubeへのリンク Google+へのリンク

Facebook

ページトップへ戻る